菅政権誕生の裏側や展望について語った、作家の大下英治氏=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 佐賀新聞社が主催する「政経懇話会・政経セミナー合同例会」が2日あり、作家の大下英治氏が「菅義偉新政権と日本政治のゆくえ」と題して講演した。菅政権が単に安倍政権を踏襲するだけのものではなく、コロナ禍で急速に地方の価値が見直される中で「地方創生という新たな『日本列島改造論』をなしていくのではないか」と展望を語った。

 大下氏は菅首相について「自民党の二階俊博幹事長とともに永田町に2人しかいない、けんかができる政治家」と表現。この2人を官房長官と幹事長というポストに置いたことが、歴代最長の第2次安倍政権を生んだと分析した。

 選挙区が地方でも自身は東京育ちという国会議員が多い中で、菅首相は「東北の農家出身のたたき上げ」という背景が田中角栄元首相と重なり、地方をよくするという政治的な信念も似通っているとした。

 その上で、田中元首相が道路などの公共インフラ整備を推し進めたのに対し、菅首相はデジタル庁の新設を発表するなど、新型コロナを背景に、情報通信技術を活用して東京一極集中を是正し、地方創生を推し進めるとの見解を示した。

 衆院の解散総選挙時期については、二階幹事長が「まだ菅が何もしていない」との認識を示していると紹介。政治的な成果を上げた上で踏み切るとにらんでおり、「(来年の)夏過ぎまではないのでは」と予想した。(大橋諒)

 (オピニオン面で後日、講演要旨を採録します)

このエントリーをはてなブックマークに追加