四万十川流域の高知県中土佐町と地元企業の松下商店は1日までに、川エビの一種「ミナミテナガエビ」の種苗を11万匹生産し、量産化に成功したと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加