日本最初の女性化学者として知られ、天然色素の研究で功績を残した黒田チカが東京・文京区駒込の理化学研究所に籍を置いたきっかけは、1923(大正12)年9月1日の関東大震災だった◆幸い、英国留学を終えて…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加