同校社会福祉系列2年生=東松浦郡玄海町

 私は唐津青翔高社会福祉系列2年生です。11月に介護の腕を競う「佐賀県高校生介護技術コンテスト」が行われ、本校代表の牧山祥君(2年)と石田輝来良さん(1年)が出場し、「総合の部」と「基礎技能部門」で初めて3位入賞を果たしました。

 私たちは4月から「介護職員初任者研修」課程を履修し、福祉を学んでいます。「ベッドメイキング」「シーツ交換」「移乗・移動」「着脱」「食事」「手浴・足浴」など基本的な介護技術の練習を繰り返し行ってきました。今では1年生のベッドメイキング指導などを私たち2年生が行えるようになりました。

 コンテスト課題は右上下肢麻痺のある80歳女性に「着衣」「ベッドから車いすへの移乗」「レクリエーション」の支援を行うという内容でした。私たちは担当の先生の指導や介護施設の職員の方からの実践的アドバイスを受け、大会直前までコミュニケーションやレクリエーションなどについてアイデアを振り絞り、今回披露する介護を作り上げました。

 コンテスト当日、私たちの思いを乗せて牧山君と石田さんは最高の介護を披露してくれました。一人一人で考え、みんなで協力し合って作り上げた介護支援が、県で第3位と評価され何よりも嬉しかったです。来年は3年生になります。もっと福祉を勉強して唐松地区の福祉に貢献できる援助者になりたいと思います。【唐津青翔高社会福祉系列2年 喜田愛莉(きだ・あいり)】

このエントリーをはてなブックマークに追加