佐賀市出身の男性が、北海道登別市の自宅の近くでカササギ(カチガラス)を見つけた。カササギは1965年に佐賀の県鳥に定められ、佐賀平野に生息するというイメージがあるが、県などによると福岡、長崎、熊本など九州各地で確認されているほか、近年は北海道でも増えているという。