文部科学省

 文部科学省が全国の公立高校で、2022年度の新1年生に1人1台のパソコンやタブレットの整備を検討していることが30日、関係者への取材で分かった。全ての小中学生に1人1台の端末を配備する「GIGAスクール構想」は、来年3月までにおおむね完了する見通しで、情報通信技術(ICT)に慣れた中学生が、高校でも同じように学べる環境作りを急ぐ。

 保護者の負担で端末を購入させるケースがあり、経済的に困窮する家庭への重点的な支援も検討。20年度第3次補正予算案にこれらの関連経費を盛り込むかどうか、私立高への支援の在り方も含めて詰めの作業をしている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加