県内で2校を運営する大町自動車学校の鶴田英司社長(46)。「たのしさ生み続ける、エンジン。」をスローガンに掲げ、入校者のカーライフの第一歩を支えるとともに、従業員が自由に発言できる雰囲気づくりにも努めている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加