県内で2校を運営する大町自動車学校の鶴田英司社長(46)。「たのしさ生み続ける、エンジン。」をスローガンに掲げ、入校者のカーライフの第一歩を支えるとともに、従業員が自由に発言できる雰囲気づくりにも努めている。