広島との入団交渉を終え、色紙を手にするトヨタ自動車の栗林良吏投手=30日、名古屋市

 広島にドラフト1位指名されたトヨタ自動車の栗林良吏投手(24)=178センチ、83キロ、右投げ右打ち=の入団が30日、決まった。名古屋市内のホテルで交渉し、契約金1億円、プラス出来高払い5千万円、年俸1600万円で合意した。「森下(暢仁)を超えられるようにしたい」と、今季新人ながらチーム最多の10勝を挙げた右腕投手を上回る活躍を誓った。

 背番号は「20」に決定。広島で通算213勝を挙げ、2012年に野球殿堂入りした北別府学氏らが着けていた番号で「いいプレッシャーをいただけた。結果で恩返ししたい」と勇ましかった。(金額は推定)

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加