アジア大会テコンドー競技の女子57キロ級で銀メダルを獲得した濱田真由選手(20)=高志館高出身、ベストアメニティ=が10月31日、県庁を訪れ、古川康知事らに大会の成果を報告した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加