県の国際交流事業で11月に香港に派遣予定の佐賀大附属中(山下宗利校長)の生徒7人と、香港の聖公会林護紀念中学校の生徒ら16人が27日、音声通信サービス「Skype(スカイプ)」を用いた交流会を開いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加