国連の推計で、世界の約7億人が飢餓に苦しんでいる。要因は紛争や気候変動で、新型コロナウイルス拡大に伴う規制で状況は一層悪化。12月10日にノーベル平和賞を受賞する国連の世界食糧計画(WFP)の多国間協調理念とは裏腹に、大国のエゴで支援は滞る。