香川ファイブアローズ-佐賀バルーナーズ 第2クオーター、香川のエース・ウッドベリーをマークする佐賀バルーナーズの選手たち=香川県の高松市総合体育館((c)B.LEAGUE)

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の佐賀バルーナーズ(佐賀市)は第9節第2日の28日、香川県の高松市総合体育館で西地区最下位の香川ファイブアローズと対戦し、71-93で敗れた。通算成績は12勝4敗で、順位は西地区首位のまま。

 佐賀バルーナーズは第1クオーターで13-22と大きくリードを許すと、その後もけがから復帰した香川のテレンス・ウッドベリーらに得点を許し、徐々に点差を広げられた。

 攻撃では、立ち上がりから相手の激しい守備に苦しんだ。3点シュートで外から崩しにかかったが、リバウンドを取れず、流れをつかめなかった。後半はケニー・ローソンや相馬卓弥を中心に追い上げたが、点差を縮めることはできず、連勝は「2」でストップした。

 佐賀バルーナーズは第9節最終日の29日午後1時から同会場で香川と2戦目を戦う。(山口源貴)

このエントリーをはてなブックマークに追加