講演するしげまつ歯科口腔クリニックの重松正仁院長=佐賀市下田町のメガネのヨネザワ佐賀本店

しげまつ歯科口腔クリニックの重松正仁院長が講演した健康ほっとセミナー=同市下田町のメガネのヨネザワ佐賀本店

 専門家が健康に関するさまざまな悩みについてアドバイスする「健康ほっとセミナー」(佐賀新聞社主催、メガネのヨネザワ共催)が28日、佐賀市下田町のメガネのヨネザワ佐賀本店で開かれた。しげまつ歯科口腔(こうくう)クリニック(佐賀市)の重松正仁院長が、歯周病が糖尿病や肺炎のリスクを高めることを示し、健康寿命を延ばすためにも、日常的な口腔ケアや口の周りの筋肉を鍛える大切さを強調した。

 重松院長は「歯の周りでは常に戦争が起きている」と表現し、歯周病がプラーク(歯垢=しこう)の中の細菌が原因で生じる炎症性疾患であることを説明。ケアが不十分だと炎症によって歯肉が歯から剝がれて「歯周ポケット」ができ、そこにプラークが入り込むという悪循環に陥り、歯を抜かざるを得なくなる場合もあるとした。

 歯周病菌が腫れた歯肉から血管内に進入して全身に回ることで、認知症や糖尿病、間接性リウマチなどさまざまな疾患のリスクも高まる。重松院長は「日頃から歯科医院でメンテナンスして」と勧めた。

 セミナーには約50人が参加した。新型コロナウイルスの感染予防策として、午前と午後の2部に分けて開き、入場前の検温や消毒、換気を徹底した。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加