最高裁は28日までに、公選法違反罪で公判中の参院議員河井案里被告(47)の公設秘書で、同法違反罪に問われた立道浩被告(55)の上告を棄却する決定をした。懲役1年6月、執行猶予5年とした一、二審判決が確定する。

このエントリーをはてなブックマークに追加