前日まで唐津を覆っていた雨雲が一夜にして吹き飛んだような快晴。14台の曳山(やま)に施された金箔(きんぱく)や漆が太陽の光で輝き、まばゆいばかりの唐津くんち「お旅所神幸」となった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加