第9回県高校英語ディベート大会が2日、佐賀市本庄町の佐賀大学で開かれた。7校から3人編成の17チームが出場。「日本は原発を廃止すべきである」を論題に肯定、否定側に分かれて英語で論戦を繰り広げた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加