呼子朝市通りでよさこいを披露する地元「彩海」のメンバーたち=唐津市呼子町

呼子朝市通りでよさこいを披露する佐賀大の「嵐舞」のメンバーたち=唐津市呼子町

呼子朝市通りでよさこいを披露する佐賀大の「嵐舞」のメンバーたち=唐津市呼子町

 新型コロナウイルスの影響で減少した「よさこい」を披露する場をつくろうと、唐津市呼子町で22日、「よさこい秋の舞」が開かれた。地元や佐賀大のチームが呼子朝市通りなどでよさこいを笑顔で披露した。

 同町のよさこいチーム「彩海(さいか)」の山根敬光代表(32)が「これからを担っていく学生たちに思い出をつくってほしい」と、佐賀大のよさこいサークル「嵐舞(らんぶ)」に声を掛けた。コロナを吹き飛ばし、町全体も元気にしたいという願いもあり、初めて開催した。

 イベントでは両グループの計50人の踊り子たちが、特設ステージのほか、呼子朝市通りを踊りながら練り歩いた。通りでは朝市や呼子マルシェが開催されており、集まった人たちから手拍子と拍手が送られた。嵐舞のメンバーで、来月引退する3年の出口薫子さん(22)は「力いっぱい踊ることができた。呼子の人たちには感謝しかない」と喜んだ。(中村健人)

このエントリーをはてなブックマークに追加