佐賀県フル規格促進議員の会の平原嘉徳会長(左)から要望書を受け取ったJR九州の古宮洋二専務=福岡市のJR九州本社

 九州新幹線長崎ルート新鳥栖-武雄温泉に関し、佐賀県内の市町の議員有志でつくる「県フル規格促進議員の会」は26日、JR九州に要望書を提出し、フル規格で整備された場合に並行在来線となる区間の利便性確保などを求めた。

 要望書では「県民の多くはフル規格新幹線が開業すれば特急が廃止され、現状より不便にならないかと心配し、整備のブレーキになっている」とした。その上で、並行在来線を経営分離しないことを求め、快速列車の導入予定や、利用しやすい料金体系などに関して考えをただした。

 議員の会会長の平原嘉徳佐賀市議ら7人が福岡市のJR九州本社を訪れ、古宮洋二専務らと非公開で意見交換した。

 終了後、取材に応じた平原会長によると古宮専務は、並行在来線の運行本数は利用客数が変わらなければ維持されるとの認識を示し、割引切符を検討する考えに言及したという。平原会長は「国にも佐賀県の負担軽減や地域振興を求めていきたい」と話した。(円田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加