嬉野温泉駅の完成イメージ(鉄道・運輸機構提供)

嬉野温泉駅の完成イメージ(鉄道・運輸機構提供)

 JR九州は26日、2022年秋ごろの九州新幹線長崎ルートの暫定開業に合わせ、武雄温泉-長崎間の嬉野市に設ける新駅名について「嬉野温泉」に決定したと発表した。これまでは仮称だったが、嬉野市の意向を踏まえて正式採用した。長崎県大村市には新大村駅が誕生する。

 武雄市の武雄温泉駅とともに「温泉」の名称が付く駅が二つ並ぶのは、新幹線駅では全国初で、在来線を含めてもJR九州管内では初めて。青柳俊彦社長は福岡市の本社での定例会見で「ビッグな温泉が並んでいる。新しく変わろうとしているまちを少しでも応援できれば」と述べた。22年秋に予定されている観光イベント「佐賀・長崎デスティネーションキャンペーン」を踏まえ「日本中にPRして、二つの温泉が重なる駅にたくさんのお客さんが来るように頑張りたい」と誘客への意欲を示した。

 駅名決定を受け、嬉野市の村上大祐市長は「日本三大美肌の湯として広く知られ、1300年を超えて人々を癒やしてきた嬉野温泉の名を冠することができてとてもうれしい。開業に向けた駅周辺のまちづくりをいっそう加速させていきたい」とコメントを出した。

 新大村駅は大村市を走行する在来線の大村線と併設駅になる。大村線には他に大村車両基地駅も新設する。(円田浩二、松田美紀)

このエントリーをはてなブックマークに追加