新型コロナウイルスの影響を受けた飲食業界への支援策「Go To イート」について、農林水産省が食事券の一時停止などを検討するよう要請していることに関し、佐賀県は26日、事業を継続する方針を示した。県内の飲食店で感染者が出ていないことなどが理由で、農水省にも同様の回答をした。

 イート事業を巡り農水省は各都道府県に対し、感染状況を踏まえ、食事券の一時停止や付与ポイントの利用を控えるよう呼び掛ける検討を求めている。この日の県対策本部会議で寺島克敏産業労働部長は、食事券の停止や利用を控える呼び掛けに関し「どちらもしない」との認識を示した。

 食事券は60万冊を用意し、25日時点で約15万5千冊が利用されている。寺島部長は「まだ残っているので利用していただきたい」と促した。

 県内の新型コロナウイルスの感染状況について、大川内直人健康福祉部長は「引き続き落ち着いている状況」と説明した。山口祥義知事は「発生はあるが散発的」とした上で、感染が拡大する首都圏や関西圏などとの往来については「やむを得ない場合を除き、できるだけ自粛してほしい」と改めて呼び掛けた。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加