自治体が新型コロナウイルス対策に充てる地方創生臨時交付金を巡り、TBSが情報番組で佐賀県の事業を批判したことを受け、山口祥義知事は26日、「共にコロナと戦っている佐賀県民の心を傷つけた。TBSに抗議する」と述べた。

 TBSは25日放送の情報番組「グッとラック!」で、国立ハンセン病療養所菊池恵楓(けいふう)園(熊本県)に佐賀が寄贈した鐘と同じものを佐賀県庁に設置し、コロナへの偏見や差別を戒める事業などを例示し、県の交付金の使い方を批判。医療従事者への支援に予算を充てるべきだと主張した。

 山口知事は26日のコロナ対策本部会議で、医療機関や福祉施設の従事者に慰労金を出していることや、感染者を守るため医療提供体制の強化策を講じていることを説明。その上で「ハンセン病の差別への贖罪(しょくざい)をし、将来に向けて(コロナの)誹謗(ひぼう)中傷をなくそうという思いを傷つけ、菊池恵楓園の皆さんに喜んでいただいた鐘のことも傷つけた」と強調した。

 TBSに対しては「もう一度、佐賀県の徹底したコロナ対策、現場支援、経済対策に至るまで、これまでの取り組み全体を見て、再度ご批判いただきたい」とした。(栗林賢)

【関連記事】

コロナ交付金、使い方で論争 「医療現場の支援に使うべき」 TBSの情報番組、佐賀県を批判

このエントリーをはてなブックマークに追加