11月以降の感染者の増加を受けて開かれた鳥栖市の新型コロナウイルス感染症対策本部会議=市役所

 鳥栖市は26日、新型コロナウイルスの対策本部会議を3カ月ぶりに開いた。11月以降、市内で感染が確認されるケースが増えていることを受けての対応で、橋本康志市長が市民向けにメッセージを出し、忘新年会での感染予防や家庭内感染への注意を呼び掛けた。

 市内では11月25日までに累計で45件の感染が確認され、約3分の1に当たる16件が11月以降に集中している。市担当者は最近の傾向として「会食時や仲間内、家族間など、マスクを外したり気を緩めたりする場所での感染が増えている」と説明した。

 橋本市長はメッセージで忘新年会の際もマスク着用などの感染予防策を徹底し、体調が悪いときは家庭内でも感染予防を意識するよう求めた。(樋渡光憲)

このエントリーをはてなブックマークに追加