車いすバスケットボールを体験する参加者=小城市の芦刈観瀾校体育館

車いすスラロームを体験する参加者=小城市の芦刈観瀾校体育館

イベントではスポーツ体験の他に、福祉作業所によるお菓子や雑貨の販売などもあった=小城市の芦刈文化体育館

 「障がい者スポーツフェスタ」が23日、小城市の芦刈文化体育館などで開かれた。約300人が、車いすを使った球技や吹き矢などを体験して各競技の魅力に触れた。

 会場には、車いすバスケットボールやボッチャ、義足歩行体験など14種類の体験コーナーを設けた。電動車いすサッカーでは、指導員が「ハンドルは繊細な操作が必要なので、ゆっくり動かして」「ボールは車いすを回転させて蹴ることができる」などと説明。参加者は、慣れない操作に悪戦苦闘しながらも、パスやシュートに挑戦した。

 家族3人で訪れた武雄市の御船が丘小6年の中尾旭輝(あさひ)君は「ボールを追い掛けるだけでも普段走るよりすごく大変だった。ルールも4対4ですることを知って驚いたけど、普段体験できないことができて楽しい」と笑顔を浮かべた。

 イベントは、2024年に県内で開催予定の全国障害者スポーツ大会を前に、競技の普及と理解のため、県障がい者スポーツ協会が開いた。(井手一希)

障がい者スポーツフェスタ
このエントリーをはてなブックマークに追加