福島第1原発事故を契機に、佐賀市の県庁前で毎週金曜夜、脱原発を訴えてきた抗議行動が20日、100回目を迎えた。歳月とともに事故の記憶は薄らぎ、ピーク時に50人いた参加者も最近は10人程度。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加