進出協定を締結したジャパンハートの吉岡春菜理事長(中央)と山口祥義知事(右)、佐賀未来創造基金の山田健一郎代表理事=佐賀県庁

 国内外で医療支援活動に取り組むNPO法人「ジャパンハート」(本部・東京都)が佐賀県に進出した。全国で初めての支部を伊万里市に設置した。佐賀を拠点に感染症や自然災害の支援を展開するほか、国際的な医療人材を育成する研修会を開く。県と佐賀未来創造基金の3者で25日、進出協定を締結した。

 ジャパンハートは「医療の届かないところに医療を届ける」との理念を掲げ、カンボジアやミャンマーで医療支援に取り組み、2019年度は海外で約3万5千件の治療に携わった。国内では東日本大震災や熊本地震、九州を襲った今年7月の豪雨で災害支援を展開、新型コロナウイルスに関しても感染拡大地域に医療チームを派遣している。

 進出協定締結式で、ジャパンハートの吉岡春菜理事長(医師)は、夫で創設者の吉岡秀人医師が1995年にミャンマーで医療活動を始める際に連携したのが伊万里市のNPO「国際協力の会MIS」だったことを説明し、「当時支えていただいたご恩を何らかの形で返せたら素晴らしい。九州は災害が多い。微力だが力になれればと思う」と抱負を述べた。

 山口祥義知事は「ジャパンハートの経験が佐賀にとってかけがえのないものになる。国内、国際的な課題を佐賀から発信できたらと思う」と期待を寄せた。

 ジャパンハート佐賀支部は伊万里市の国際協力の会MIS内に置く。県は2015年度から各分野の第一線で活躍するCSO(市民社会組織)の誘致を進めており、今回で11団体目になる。(栗林賢)

このエントリーをはてなブックマークに追加