島村健さん(左)からバイクの指導を受ける参加者=佐賀市のクリニック新生

島村健さん(右)からバイクの指導を受ける参加者=佐賀市のクリニック新生

 2024年に佐賀県で開催予定の国民スポーツ大会に向けてトライアスロンを広めようと、水泳と自転車の実践セミナーが22、23の両日、佐賀市新生町のクリニック新生で開かれた。県内外から12人が参加、第一線で活躍する選手らから技術を学んだ。

 国体のトライアスロン競技への出場経験がある筒井佑さん(31)=佐賀市=が水泳を、競技用自転車の製造販売を手掛けるバイクトレーナーの島村健さん(50)=福岡県=が自転車を担当した。

 水泳では、抵抗の少ないフォームや水をしっかり捉える腕の使い方を教えたほか、自転車では正しい姿勢などを指導。島村さんは「コース内には坂道や平坦な道があるが、スピードではなく出力を一定にするように」とこつを伝授した。

 夫婦で競技に取り組む福岡市の池田正人さん(62)、照美さん(52)は「体のどこに水が当たっているか、ペダルのどこに足を置くかなど、自分じゃ気付けないことを学べて良かった」と有意義な時間を楽しんだ様子だった。(森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加