古民家で暮らす松本太志さん一家

 松本太志(たいし)さん(48)一家は4年前、転勤で東京から唐津に来ました。海や山の景色が素晴らしく、人々も親切で、歴史もあるこの町が気に入り、2年前に東唐津の古民家を購入しました。その直後に転勤で福岡へいったん引っ越し。それでも自然に囲まれた唐津で子育てをしたいと、長女の弥香帆(みかほ)さん(6)の小学校入学に合わせ今年4月、唐津の古民家に戻ってきました。

 週末は浜辺を散歩し、庭の手入れをして過ごしています。妻の朋美さん(45)と長男の瑛士(えいと)ちゃん(3)は、庭の片隅に畑を作り、ナスを初めて収穫しました。大好きな唐津の自然や文化を大切にしていきたいと、家族全員がまちづくりグループで活動しています。(地域リポーター・小島起代世=唐津市)

このエントリーをはてなブックマークに追加