3人1組で人形を動かす子どもたち=唐津市の大志小学校

三味線の音を鳴らす子どもたち=唐津市の大志小学校

 人形浄瑠璃の鑑賞・体験会が20日、唐津市の大志小で開かれた。6年生84人が、語り手の太夫や人形遣い、三味線を体験し、文楽を演じる楽しさに触れた。

 唐津人形浄瑠璃保存会(竹本鳴子会長)が、生き別れた親子の切ないドラマを描いた「傾城けいせい阿波の鳴門 順礼歌の段」を披露した。公演後に人形遣いを務めた女性たちが、1体を三人一組で操ることや足の動かし方などでキャラクターを表現すると説明した。

 子どもたちは「のどじゃなく、おなかから声を出して」との竹本さんによる指導で、大きな声で泣きの演技をしたり、人形を操ったりして体験を楽しんだ。松添心音さんは「人形を使って万歳やお辞儀をやってみた。動かしてみると人形は重たくて、3人で合わせるのが難しかった」と話した。

 体験会は、県の「はじめてのまなび応援事業」として開催した。(横田千晶)

このエントリーをはてなブックマークに追加