鳥栖市は24日、12月1日開会の定例議会に提案する本年度一般会計補正予算案など11議案を発表した。補正額は2911万7千円で、補正後の総額は前期比35・9%増の368億9349万1千円。

 主な歳出は、ふるさと寄付金の謝礼品などに1億437万8千円、7月豪雨による農林施設の復旧経費に9184万8千円、小中学校と保健センターへのサーマルカメラ導入費用に1221万円など。コロナ対策費としていた事業所向け給付金の減額が大きく、補正の総額は小さくなっている。(樋渡光憲)

このエントリーをはてなブックマークに追加