佐賀と東京をつないで開かれたウェブセミナーの画面

 佐賀市と佐賀県が20日、移住セミナーを東京都内で開いた。東京と佐賀で働くゲストらが東京から見た佐賀の魅力や佐賀で働く現状について語り、オンラインで配信された。

 日本マイクロソフトの宮崎翔太地方創生担当部長やEWMファクトリー(佐賀市)の福島史也さん(有田町出身)らが参加。佐賀で展開する事業内容の紹介やUターンして佐賀で働く実情を紹介した。2012年から約30年ぶりに佐賀に戻って地域活性化などの事業に関わる福島さんは「佐賀は新しいチャレンジに寛容で、温かく受け入れられている」と話していた。

 セミナーは12月18日と来年1月15日にも、午後6時半から開かれる。問い合わせは、さが移住サポートデスク(東京窓口)の矢野さん、電話090(1657)8205。(花木芙美)

このエントリーをはてなブックマークに追加