QRコードを読み取り、接触することなく名刺を交換する様子

作成した電子名刺を表示する画面

 情報化に関する総合的なサービスを提供している佐賀電算センター(佐賀市、宮地大治社長)が、触れずに名刺(連絡先)の交換ができる無料のスマートフォンアプリ「My Connect(マイ コネクト)」を開発した。新型コロナウイルスの感染防止の重要性が高まる中、利用をスタートしている。

 アプリはスマートフォンから無料でダウンロードでき、氏名や連絡先、自己PRなどを入力すると画面上に名刺が完成する。最大5パターンつくることができ、紙に印刷することもできる。カメラ機能でQRコードを読み取ったり、共有コード番号を入力したりすることで受け渡しができ、複数人に、または直接会うことができないリモートワークやオンライン会議などでも名刺を交換することができる。

 同社の古賀正幸常務(61)は「コロナ禍でこれまでとは違った生活スタイルが定着しつつある。アプリでより便利な生活に寄りそいたい」と話す。

 このほか、イベント事業者向けに同アプリと連携して使う「My Connectクラウド」も開発。コロナ禍でのコンサートなどで来場者を把握でき、一斉に連絡もできる。県内企業に限り、申し込みから1年間無料(年間利用は税別6万円)で使うことができ、採用企業を募集している。(先着約30社、来年3月まで)。問い合わせは同社、電話0952(34)1512。(志波知佳)

このエントリーをはてなブックマークに追加