■20年にわたり百数十点 明治から昭和にかけて活躍した佐賀の洋画家、山口亮一の次女・西幾多(いくた)さん(87)=千葉県市川市=が、佐賀市の山口亮一旧宅で俳画の作品展を開いている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加