第9回県高校新人少林寺拳法大会は21日、武雄市の武雄高体育館であり、男子単独演武は加藤翔大(北陵)、女子同は真崎菜々子(武雄)が制した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加