橋本康志市長に陶山聰氏が愛用したピアノの目録を手渡す藤﨑美枝子さん=鳥栖市の旭まちづくり推進センター

 鳥栖市幸津町出身の音楽教育家・陶山聰氏の親族が22日、陶山氏が愛用したグランドピアノを鳥栖市に寄贈した。市は陶山氏の地元にある「旭まちづくり推進センター」に設置して市民らに弾いてもらう予定で、地域の音楽文化の向上につなげる。

 陶山氏は1907年生まれ。県内の小中学校で音楽教師を務める傍ら、県内外の学校の校歌や「鳥栖音頭」「県民体育大会の歌」など3千曲以上の作曲を手がけた。鳥栖市民管弦楽団創設や創作中心の音楽教育にも力を注ぎ、音楽教育の向上に力をつくした。

 ピアノは1954年に製造されたもので、陶山氏が99年に亡くなるまで愛用。その後は陶山氏の生家で保存されていたが、地元のために役立ててほしいと、親族が寄贈を決めた。

 同センターで開いた贈呈式には、陶山氏の次女藤﨑美枝子さん(81)=鳥栖市=と次男陶山武司さん(76)=同=が出席。藤﨑さんが橋本康志市長に目録を手渡した。藤﨑さんは「(寄贈を)一番喜んでいるのは父。地域の文化を育ててほしい」とあいさつ。橋本市長は「音楽の裾野を広げることに活用したい」と謝意を述べた。

 贈呈後の記念コンサートでは、陶山聰顕彰会(山下正剛会長)のメンバー14人が、陶山氏が作詞作曲した「旭小学校校歌」など4曲の合唱を披露。寄贈したピアノの伴奏に合わせて、地元で今なお親しまれる陶山氏の作品を歌い上げた。(瀨戸健太郎)

このエントリーをはてなブックマークに追加