要約筆記者が、難聴者のタブレットやスマートフォンに要約筆記を送信する遠隔操作の研修が、佐賀市の県聴覚障害者サポートセンターで行われた。20人が参加、新たな手法の利点や課題を考えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加