神埼市神埼町の莞牟田(くぐむた)地区出身の作家吉田絃二郎の生誕135年祭が23日、神埼市中央公民館であった。教育関係者や児童生徒など約150人が出席し、大正から昭和にかけて幅広い分野で活躍した偉人の功績をたたえた。

 顕彰会の牟田辰三会長が「現在では地元で知らない人も多く残念に思う。地元の財産。再評価され、吉田絃二郎の名が広まることを願う」とあいさつ。「伐り倒された木」などの作品を読んで市内の小中学生が書いた感想文や感想画の表彰式と西郷小の児童らによる学習発表もあった。

 壇上で吉田氏の経歴や作品などを大きな声で発表した西郷小3年の髙平久司君は、「友達も頑張っていたので、みんなに知ってほしいという気持ちで発表できた」と話した。(西浦福紗)

 最優秀賞入賞者は次の通り。(敬称略)

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加