佐賀新聞社の県民世論調査で、2期目の折り返しに差し掛かろうとしている山口祥義知事への評価は、前年に続き8割台を維持した。一方、全国的な新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、暮らしぶりの悪化を懸念する声は4割近くに上る。結果を詳報する。

 (円田浩二、岩本大志、山本礼史、石黒孝)

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加