久光-NEC 0-3でストレート負けを喫した久光。ブロックに飛ぶ久光の井上美咲(左)と岩坂名奈=福岡市民体育館(撮影・鶴澤弘樹)

 バレーボール・V1リーグ女子の久光スプリングス(鳥栖市)は22日、福岡市民体育館でNECレッドロケッツと対戦し、0―3でストレート負けを喫し、2連敗となった。通算成績は5勝6敗で、順位は変わらず6位。

 久光は第1セット、序盤に6連続失点でリードを許すと、最大12点差まで広げられ、16―25で奪われた。第2セットも相手の堅守と強打に連係を乱され、13―25で連取された。第3セットは石井優希や長岡望悠らのスパイクで食らい付いたものの、15―25で失った。

 久光スプリングスは12月5日午後1時5分から、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館でJTマーヴェラスと対戦する。

【次の記事】連係ミス「焦りが出た」 久光スプリングス2連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加