第八章 至誠通天(二十)「伊藤さん、ありがとう」「なんの、当然のことです」 二人が固く握手を交わす。 続いて大隈の名が呼ばれた。鳴りやまぬ拍手の中、登壇した大隈は第一声を発した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加