最期のときをどう過ごすか-。『死を生きた人びと 訪問診療医と355人の患者』(みすず書房)の著書がある小堀鷗一郎さん(82)は、文豪・森鷗外の孫に当たる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加