いじめ防止や重大事案への対応を審議する佐賀県いじめ問題対策委員会(8人、委員長・高尾兼利西九州大教授)が5日、県庁で初会合を開いた。被害者側の視点に立っていじめ問題に取り組むことを確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加