羽田空港の出発ロビーに置かれた「Go To トラベル」の看板=21日午前

 菅義偉首相

 菅首相は21日、新型コロナ感染症対策本部を官邸で開催し、観光支援事業「GoToトラベル」の運用見直しを表明した。感染拡大地域を目的地とする旅行の新規予約を一時停止する措置を導入。飲食業界の支援策「GoToイート」を巡り、食事券の新規発行停止などの検討を都道府県知事に要請するとした。国内で21日に確認された新規感染者は4日連続で2千人を超えた。経済再生を優先してきた首相は方針転換を迫られた格好だ。

 GoToトラベルの新規予約を一時停止する地域について、西村経済再生担当相は「都道府県知事と感染状況や病床の状況などを分析し、緊密に連携していきたい」と述べた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加