県警の定例会見に臨んだ杉内由美子本部長(右)=県警本部

 福岡県太宰府市で昨年10月、市内の女性=当時(36)=が暴行されて死亡し、遺棄された事件を巡り、佐賀県警は20日の定例会見で、当時の対応などについて「再び調査を行う状況にない」と説明した。杉内由美子本部長は「(女性の死を)大変重く受け止め、今後の教訓にしていく」と述べた。

 会見で井手栄治刑事部長は、県警の内部調査結果を遺族が批判していることについて「(遺族には)相当時間を費やして説明させていただいた」と述べた。遺族らに事実確認の結果と認識を伝え、意見や考えを聞き、その結果に基づいて関係記録を調査・精査するなどしたと説明し「遺族から聴き取っていないということではない。これ以上、調査を再度行う状況にない」とした。

 杉内本部長は、前回の会見でこの事件に関して言及しなかったことに関し「事実確認を進めているところだった」と釈明した。その上で「当時、一連の申し出から被害者の女性に直ちに危害が及ぶ可能性があることは認められなかった」と、改めて県警の対応に不備がなかったとの見解を示した。女性の遺族に対しては「心よりお悔やみ申し上げたい」と述べた。

 事件は昨年10月20日、福岡県太宰府市内の施設駐車場の車の中から女性の遺体が見つかった。その後の福岡県警の調べで、いずれも福岡県内の男女4人が死体遺棄などの容疑で逮捕された。女性の家族は亡くなる前、鳥栖署に複数回相談していた。

 県警は事件が発生した昨年10月以降に内部調査を始め、今年7月中旬に遺族らに説明したとしている。10月28日に調査結果を公表したが、直後に遺族側は「県警が話していることはでたらめ」と批判していた。(小部亮介、松岡蒼大)

このエントリーをはてなブックマークに追加