神埼郡吉野ヶ里町の加工センターが、捕獲したイノシシをジビエとして活用するようになって2年が経過した。イノシシは農作物を荒らす“厄介者”だが、処理する手間が省けるため、駆除頭数は増加。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加