九州大会で優勝を目指す「唐津チームZERO50」=唐津市の松浦河畔公園野球場

 唐津市の50歳以上でつくる軟式野球チーム「唐津チームZERO50」が、21日から始まる九州大会に出場する。「シニアの甲子園」と呼ばれる10月の全国大会に初出場したばかりで、経験を生かして優勝を目指す。

 草野球チームで活動していた同世代を集め、4年前に結成。メンバーは25人で、うち4人は甲子園に出場経験がある。元唐津商高球児の山本護さん(53)を中心に投手陣に安定した力があり、「守り勝つ野球」が持ち味という。

 10月の全国大会では、ベスト4入りした東京都のチームに力及ばず、2回戦で敗退した。主将の林山太鑑(たいかん)さん(54)は「今年は全国レベルの野球を体感することができた。やるからには優勝を目指したい」と力を込める。

 九州大会は宮崎県で開かれ、16チームが出場する。初戦は大分県のチームと戦う。(横田千晶)

このエントリーをはてなブックマークに追加