「海江田降ろし」の声が噴出した24日の民主党両院議員総会。政調会長代理の大串博志衆院議員(比例九州)はその口火を切り、「民主党の進むべき方向を代表自身の言葉で語り、その信任を得るのが必要だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加