佐賀市で内装業を営む山浦大介さん(56)が、浄土真宗本願寺派の僧侶になった。県内約3万人の門徒がいる同派佐賀教区(267寺院)で、住職の家族以外が僧侶になった例はここ数十年ないという。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加