■農家 亀川厳さん(37)野菜づくりで付加価値 21歳で家業の手伝いを始め、25歳の頃から試験的に樽(たる)でのトマト栽培をスタートさせた。品種は大玉の「感激」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加