嬉野市塩田町の塩田津は、江戸時代から昭和中期にかけ、長崎街道の宿場町として、また有明海の干満を利用した川港として栄えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加