佐賀空港ターミナルビルの有料ラウンジ「さがのがら。」。佐賀にちなんだデザインが随所に施されている=佐賀市川副町

 佐賀空港(佐賀市川副町)のターミナルビルで、リニューアルされた有料ラウンジ「さがのがら。」が11日から営業を始める。広さは従来の有料待合室の2・5倍の230平方メートルで、佐賀の産業や文化にちなんだデザインを施している。

 ビルの拡張工事に伴って東側に増築された建物の2階にあり、カウンター13席、テーブル席8席、ソファー席24席のほか、貸し切り用の個室が2室ある。

 佐賀市出身の建築家西村浩氏が監修した。有明海にノリ網が並ぶデザインを入り口の壁一面に施し、個室を仕切る壁は焼き物に使う陶土や陶石を「版築」と呼ばれる工法で仕上げた。

 9日に内覧会があり、山口祥義知事は「素晴らしい出来。伸び伸びとくつろぐこともできるし、仕事もできる。広く使ってほしい」とあいさつした。

 営業時間は午前8時半から国内線の最終搭乗案内まで。一般は12歳以上が1100円、3歳以上12歳未満は550円。当日搭乗する場合は、提携カード会社のゴールド会員は無料になるなど、各種割引がある。問い合わせは佐賀ターミナルビル、電話0952(46)0100。(円田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加